メイン画像.jpg

アート、美術業界の

新たな登竜門コンテスト

ANGについて

アート、美術業界の

新たな登竜門コンテスト

画家・中島健太、ギャラリーシーク代表・塩野秀樹によって設立されたアートコンテストになります。2022年で第3回目を迎えます。

emaemi.webp

第二回大賞作品「羽化」 江間江美さん

NEWS

第3回ANG作品一次審査通過者(敬称略)

SKY・古川幸正・弓指貴弘・大森恒太・坂本理恵・長友空青・小枝紗奈・Katy Layman・井上神節・梅﨑健・井下紗希・佐藤昭・蓮井彩乃・金児康平・CYON・Mariana Kameta Yuzawa・柴田久美・池田愛花里・田代ゆかり・カミジョウミカ・隋季妍・AKemi Kodama・Into The Light・Ashu Pine・河井眞里枝・石野まゆ・手塚葉子・Hej-Hej・小原佳織・安藤真央・古川右京・佐藤秀和・石倉かよこ・梶原丈義・山田慧・新埜康平・前田薫子・工藤沙由美・山﨑結子・Akira Terada・岬ましろ・もりかわさく・片山穣・知花幸修・山口塁・田中ラオウ・おひの にほ・宮村茉海・松井孝吉・いろはあやの・岩永恵理・LILY NIGHT・ナカミツキ・大畑孝子・花井理緒・桜井旭・八木宇気・西井輝・竹本邦枝・石川美穂

AWARD

ロゴ.png
大賞.png
中島.png
クサカベ.png
SAN BANCHOギャラリー賞.png
ロゴ.png
gallery.png
リキテック.png
トライセラ.png
avex.png
ブレイク.png
47029E53-3E18-45EC-BF4C-2CB283C78B2D.png

SELECTION

【1次審査】

ポートフォリオを下記の形式で提出

・出品料は無料

・5作品までの画像データをPDF、JPG、PNGのいずれかの形式にて

・作品説明は任意

・データ送付期限は10月31日中

※過去回通過者特典 過去に一次審査通過者は、一次審査免除(データ提出は必要ですのでお送りください)

【最終審査】

作品を1点(ポートフォリオとは別)を送付+作品画像をメール・作品詳細:過去1年以内に制作した作品に限る。作品は平面のもので画材、素材は自由。公募展、個展、グループ展などで発表された作品に加筆した作品は不可・サイズ:10号~20号(※郵送のみ・持込不可)・送付先は、一次審査通過者に通知いたします。

【ファイナリスト展】

あべのハルカスアートギャラリーにて展示

※応募作品の著作権は応募者に帰属。選考風景、入賞作品の発表およびカタログ・広告・ホームページ・その他の印刷物としての掲載や出版、展示に関する権利は主催者が保有するものとする。※作品販売を行います。販売条件に関しては、一次審査通過者に通知いたします。

SCHEDULE

1
2
3
4
5
6

一次審査募集

2022.9/1-10/31

審査結果発表

2022.11/15

二次審査提出締切

2023.1/10

二次審査

2023.1/16-1/25

審査結果発表

2023.1/31

ファイナリスト展

2023.3/22-3/28

​あべのハルカス アートギャラリー

ロゴ.png
7

グランプリ・特別賞のインタビューなど

2023.2月中

ロゴ.png
haikei_2.png

審査員

中島.png

画家

中島健太

塩野.png

Gallery Seek 代表

塩野秀樹

福井.png

画家

福井江太郎

絹谷.png

画家

絹谷香菜子

yas.png

作家

Yas|青ヰ鱗

kato.png

エイベックス株式会社 執行役員

​加藤信介

岩崎.png

アートコレクター

岩崎かおり

宮本.png

あべのハルカス近鉄本店 美術担当

宮本典羊

井口.png

トライセラ代表

井口泰

★使用推奨カット_DSC03470.jpg

between the arts CEO&Founder 大城崇聡

絵画センター.png

SAN BANCHO

Special Thanks

企画・主催

nakajimafont.jpg
galleruseek2.jpg

協賛

avex2.jpg

後援

liquitex2.jpg
クサカベ.png
tricera.jpg
breakzenya2.jpg
富士クラスタ.png

協力

開運!なんでも鑑定団鑑定士 山村浩一(永善堂画廊代表)

運営

gate2.jpg

Message

思い-01.png

画家 中島健太の想い

21歳で銀座の小さなギャラリーのグループ展でデビューして15年の時が経ちました。その間新たな才能が現れては消えていく、そんな様を沢山見てきました。アーティストが消費されています。右肩上がりの経済成長を続けた僕らの知らない時代のように、何もしなくても作品の値段が上がっていく、そんな環境はもはやこの国にはありません。

アーティストが消費される現状を改善する事は出来ないか?このコロナ禍においてアーティストを取り巻く環境は一層厳しいものになりました。日本の美術マーケットの中心である百貨店で僕が初めて個展をしたのは2008年。リーマンショックの直撃で百貨店も深刻なダメージを受けていました。今回のダメージはそれよりも遥かに深刻だとあらゆるメディアが伝えます。そんな時代、環境だからこそ、「夢」が必要ではないでしょうか?若手アーティストはいきなり垂直離陸は出来ません。離陸を促す滑走路が必要なのです。ですがそれを1人で作る事は出来ません。多くの人の力を借り、若手アーティストを世に送り出す滑走路を作りたいのです。そしてその滑走路から多くの才能が飛び立っていく、そんな夢を美術に携る多くの方々と共有し、実現していきたいのです。このコンテストがその第一歩になる事。そして僕を育ててくれた美術界がより一層輝く場所になり多くの才能が活躍出来る場所になる事を心より願っています。

塩野秀樹の想い

日本人の美術への関心は高く、ネームバリューのある展覧会が美術館で行われると、連日行列をなして人々が押し寄せ、世界でもトップクラスの来場者数を記録しています。その傍ら、アートマーケットという側面で見ると、日本の市場規模はアジアでも香港や中国、台湾などに後れを取っている現状もあります。その様な小さい規模の中で、業者や作家も派閥や組合など、格式を保つと言えば聞こえが良いが、ある種排他的な仕組が成立してきました。私自身、その様な事態に危機感を覚え、業界に入った後、同世代の作家の活動を支えていきたいと思い、Gallery Seekというブランドを立ち上げ、10年なんとか生き抜き、デビューした作家が海外でも発表の場を勝ち取るなど、派閥の外から業界のブラッシュアップに繋がることを模索してきました。

 

今年春から世界で猛威を震うコロナウィルスの影響下、大きな変化が生まれつつあると感じます。美術業界に目を向けても、もちろん危機的な状況に向かっていると感じますが、元来アートが持つ力というものは、この様な時代で必要とされてきたはずです。 不要不急という言葉を多く耳にしますが、決して不要ではなく、むしろ今の時代だからこそ必要なアート。そして、不朽の魅力を持つ作家を普及していきたい。この様な状況下でも、筆を折らずに懸命に制作を続ける、新人作家を見つけ出し、プロとして活躍する道筋を作り、美術業界を盛り上げたい。そしてそれは、美術だけではなく、小さいながらも世の中に希望の光を照らす一端となることを願います。

SHIONO.jpg